• プライムフレーズ

追悼・樹木希林さん


「死ぬ時くらい好きにさせてよ」

ジョン・エヴァレット・ミレー作の「オフィーリア」を模した樹木希林さん起用の宝島社の記事広告のコピー。2016年の新聞に掲載されたものですが、今でも印象に残っていますよね。


お金、人、センス、目的が最高のバランスで交差した広告は、後世までに必ず社会の記憶に残ります。 活きたメッセージを世の中に送りたい会社の広報の皆さん、コピーを是非書かせてください。


樹木希林女史よ、永遠に。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180916-00000006-jct-ent


最新記事

すべて表示

人にやさしい広告。

敢えて書く。 コピーが炎上している銀座の着物屋さん。2016年に東京コピーライター賞を受賞している博報堂のコピーライターさん作によるもの。なぜ今更こんなに燃え上がってしまっているのかは分かりませんが、「攻めるコピーライティング」は社会的バランスを考えなくてはならない。特に、不特定多数、老若男女の人に見られる広いターゲットを対象にする広告は、どんな人が不快に思ってしまうかわからないので、こうやって数

© 2018 by Prime Phrase Corporation   お問い合わせ  090-5390-4504 

 〒400-0205 山梨県山梨県南アルプス市野牛島2147

プライムフレーズ